建設キャリアアップシステムとは、現場を担う技能者の高齢化や若者の減少といった問題への対応を目的とし、技能者の現場における就業履歴や保有資格などをICカードを通じて業界統一のルールでシステムに蓄積し、技能者の処遇の改善や技能の研鑽を図ることを目指す官民一体の取り組みです。

登録することにより、

  • 現場経験や保有資格がシステムに蓄積されるため、技能の向上に努める技能者が適正に評価され、それを通じて処遇の改善につながる。
  • 建設業を一旦離れ再入職する際に、離職以前に習得した資格・研修や現場経験を客観的に証明できる。
  • 雇用する技能者の水準を客観的に把握できるため、優秀な技能者を抱える専門工事業者は発注者や元請企業にアピールできる。

などのメリットがあります。

>>> 詳しい説明はこちら

将来的に大きな現場に入るためには必要になってくることも考えられますので、気になる方はお気軽にご連絡ください。

>>> 登録についてはこちら